ホルムアルデヒドは沸点がー20℃なので常温で気化しやすく、常温で刺激性のある無色の可燃性気体で、水やアルコールには良く溶ける有機化合物です。このような性状を有しているため、この化学物質は木製の家具類や建築用合板あるいは壁紙等の接着剤として幅広く利用されています。最近の住宅建築では省エネ化を図るため高気密、高断熱化が図られる建物が増えてきたので、換気不足の場合、ホルムアルデヒド等の化学物質を接着剤として使った住宅では入居後、そのガスが徐々に発散し、滞留しがちです。従って、一定期間ブロアーで家具類等から蒸散するこのようなガス等を飛ばした程度では終わらず、いつまでも目やのどに刺激臭が残って、シックハウス症候群発症の原因物質の一つになっています。シックハウス症候群の発症原因が多種多様なため、発症した場合に根本的な治療方法がまだ得られていないのが実態です。また一方で、建築現場などでホルムアルデヒド等の化学物質を使った建材の使用をできるだけ減らす工夫を凝らすなど、放散量を低下させる努力が続けられています。

ホルムアルデヒド使用と影響

シックハウスの有力な原因物質と言われるホルムアルデヒドは、刺激臭のある無色で可燃性の気体で、化学式HCHOです。沸点は-19.5度と低く、水やアルコールなどによく溶けます。有機物が不完全燃焼する際に多く発生し、ハムやベーコンなどの燻製品を製造する際の、煙の中にも多く存在します。ホルムアルデヒドは、安価なため古来より、接着剤や防腐剤に用いられることが多かったのですが、アレルギーの原因や発がん性の可能性も言われています。人体への影響は、気中濃度0.2ppmから感じることができるのすが、深い関係を感じるのは1-2ppmで目や鼻に刺激を感じるようになります。また、温度によっても放散量がことなり、温度が上昇するごとに放散量が多くなります。建築法等の改正により、ホルムアルデヒドの使用に関する規制は厳しくなって来ています。

ホルムアルデヒドの製品利用注意。

合成樹脂や接着剤に含まれ、毒性があります。新築や家具からの刺激臭がある場合、ホルムアルデヒドであることが考えられるでしょう。刺激臭の有無によって、判断できます。目や鼻へ長い間、刺激が与えられると発ガン性があるため、ガンやアレルギー皮膚炎、シックハウス症候群になるとされています。また、食べ物のハムや薫製品を作る際出る、煙の中にも含まれます。ハムなどの加工品を食べる場合、注意が必要です。加工品には、発ガン性物質が含まれていることも多く、日頃から常にそういった加工品を食べるのは避けましょう。他にも、マニキュアやレジンにも含まれていることが考えられます。レジンは樹脂製品で、UVレジンといった商品もあります。特有の臭いがするので、利用する際注意が必要です。爪や肌のことも考え、原材料はしっかりチェックしましょう。

当社の実績は、クリーンエネルギー、自然エネルギーの太陽光発電の設置工事を多くの方から依頼を受けている事です。 サービス概要は太陽光発電システムやオール電化の施工専門サイトになり、さまざまな有名メーカーのものを取り扱っています。 当社では、下請に任せるような無為責任な販売はしていないので、お客様が安心して利用できるようになっています。太陽光発電を東京でしよう!おひさま.com