オリジナルはっぴにはこんなメリットが

お祭りだけではなく、運動会や文化祭などのイベントにも幅広く利用できて、日本の文化として多くの人に愛されている着物がはっぴです。既製品でもいいですが、せっかくの晴れ舞台にふさわしいオリジナルはっぴを作ってみてはいかがでしょうか。
オリジナルで作成するメリットとして、連帯感を高める効果があげられます。イベントに参加するメンバーが同じ衣装を着用することによって、気持ちがより一層盛り上がり、みんなでがんばろうという雰囲気を作ることができます。
オリジナルというと手間がかかりそうなイメージですが、そんなことはありません。インターネットで簡単にデザインから購入まですませることが可能です。手軽に作れるのもメリットのひとつと言えるでしょう。

歴史と由来を知っておこう

はっぴの歴史は古く、平安時代以降からあったとされます。公家や皇族が着用する「束帯」と呼ばれる着物の下に着るものとして、「ひとえ」「あこめ」などと並んで着用されていたと言われています。
江戸時代になると、現代のように一般庶民が着用するようになり、従来武士が着ていた羽織を簡易化したものをはっぴと称するようになります。家紋などを染め抜き、武家社会の間で流行しました。しかし、当時の法令により、武家よりも身分の低い町人などは羽織を着用できなかったため、はっぴに似せた庶民用の「はんてん」が作られました。その後、江戸時代も末期になるにつれて、はっぴとはんてんの差がはっきりしなくなり、昭和の初期までは両方とも着られていました。
今でも一目では見分けがつかないこともありますが、形が微妙に違っています。はっぴのほうが袖も丈も長めで胸紐があると覚えておけばいいでしょう。

種類はどのようなものがあるか

はっぴの種類は主に3つに分けられます。まずは、普段よく目にする祭りハンテンや神輿はっぴです。神輿の担ぎ手が着ている揃いの衣装のことで、最も一般的にイメージしやすいものでしょう。
次は刺子バンテンで、木綿の布に刺し縫い加工をしているため、熱から身を守ることができます。この特徴をいかして江戸時代には町火消が着ていたとされます。最後に綿入れハンテンです。「どてら」とも称される防寒効果のあるはんてんで、二重の生地の間に綿を入れることで温度を保つ効果があります。寒い日に着ている人をよく見かけるものです。
オリジナルを作成する際には、これらの基本的な知識を頭に入れておくようにしましょう。

メールでのお問い合わせは、24時間受付中です! 従業員が正直で一生懸命仕事をしているところになります 20日以上前のご注文で、プリント代が1枚50円もお得になります。 対象商品は限られるが、商品代+プリント代+消費税込みのお得なコミコミパックがあります。 衣類の種類一つ一つにこだわっており、お客様がご納得していただけるよう種類を豊富に揃えています。 取り扱いメーカーが他社に比べてり豊富です。 オリジナルはっぴで一致団結!!プリントするならエドバンへ

ピックアップ記事

運動会でもオリジナルはっぴは大活躍

はっぴと言えばお祭りのイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。学校の文化祭や運動会などのイベントでも大いに活躍します。運動会には、玉入れや綱引きなどチームで対抗する競技が多くあります。チ...

オリジナルはっぴのデザインは色が大切

オリジナルはっぴを作るにあたって、一番気になるのはやはりデザインです。どのような柄にするかから始まり、色の選定やコピーの考案など悩みどころが多いですが、その分だけ、イメージ通りのデザインに仕上がったと...

お祭りにオリジナルはっぴで参加しよう

日本にはお祭りという素晴らしい伝統行事があります。参加するだけでも楽しいものですが、はっぴを着るとより気持ちが盛り上がること請け合いです。せっかくの機会なので、さらに個性を主張できるオリジナルはっぴを...


コンテンツ

カテゴリー