オリジナルはっぴのデザインは色が大切

オリジナルはっぴを作るにあたって、一番気になるのはやはりデザインです。どのような柄にするかから始まり、色の選定やコピーの考案など悩みどころが多いですが、その分だけ、イメージ通りのデザインに仕上がったときの達成感もひとしおです。
仮に同じデザインでも、どのような色を使うかによって印象は全然違ってきます。例えば、青や紫を基調とする寒色系であれば高級でクールなイメージを与えます。逆に、黄色やオレンジの暖色系を使うと、鮮やかで明るく楽しげな感じに仕上がります。
選ぶ色によってはっぴ自体のイメージが決まると言っても過言ではありません。はっぴのデザインを決める際には、色の持つ影響力が大きいことを念頭において進めていく必要があります。

オンラインでデザインできるサイトもある

オリジナルはっぴのデザインに関しては、依頼する業者によっても多少は異なりますが、手書きである程度の希望を伝え、簡単なデザインであれば無料で対応している業者が多くあります。複雑なデザインやイラストを使用する場合にはデザイン料が別途発生するケースもありますが、その場合は事前に見積もりを取るようにしましょう。
手書きでの指示が面倒だと感じたら、オンラインでデザインできるサイトを運営する業者を利用するのも方法の一つです。パソコンの画面上で商品を選び、デザインする箇所や色、入れるテキストなどを当てはめることができます。
実際に画面上でいろいろと触ることができると、仕上がりもイメージしやすくなります。思い通りのデザインに仕上げられるよう、オンラインでのデザインに対応している業者を探してみてはいかがでしょうか。

面倒であればテンプレートから選ぶ方法もあり

デザイン考案に労力を費やしたくなければ、サンプル集を利用する方法もあります。あらかじめ用意されているイラストやデザインから、好みのものを組み合わせるだけで仕上げることができます。サンプルとはいえ、組み合わせた上で文字やカラーをアレンジすれば、十分にオリジナルのはっぴとなります。
逆に、どうしても細部まで自分でこだわりたいようであれば、データを作成して入稿するのも良いでしょう。市販のデザイン用アプリケーションを使っての入稿が一般的ですが、業者によってはビジネスソフトでのデータも受け付けているケースがあります。
データ入稿をする場合は、入稿方法や仕様などを事前に確認してから製作すると失敗がありません。

ピックアップ記事

運動会でもオリジナルはっぴは大活躍

はっぴと言えばお祭りのイメージがありますが、もちろんそれだけではありません。学校の文化祭や運動会などのイベントでも大いに活躍します。運動会には、玉入れや綱引きなどチームで対抗する競技が多くあります。チ...

オリジナルはっぴのデザインは色が大切

オリジナルはっぴを作るにあたって、一番気になるのはやはりデザインです。どのような柄にするかから始まり、色の選定やコピーの考案など悩みどころが多いですが、その分だけ、イメージ通りのデザインに仕上がったと...

お祭りにオリジナルはっぴで参加しよう

日本にはお祭りという素晴らしい伝統行事があります。参加するだけでも楽しいものですが、はっぴを着るとより気持ちが盛り上がること請け合いです。せっかくの機会なので、さらに個性を主張できるオリジナルはっぴを...


コンテンツ

カテゴリー